フリーソフトダウンロードページを追加しました

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・穴加工編

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・穴加工編

前回まで、Fusion360でマシニングセンター用のパスを出す準備までを紹介しました。
今回からは、一通りのパス作成方法を何回かにわけて説明したいと思います。

Fusion360 CAM/穴加工

サンプルモデル(stepフォーマット)、ダウンロード

前回同様に、このモデルで説明します
ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、「STEP」フォーマットのモデルを取り出します。
Fusion360 の「開く」⇒「マイコンピュータから開く」でモデルを取り込みます

加工用図面

図面はこんなイメージです。
ドリル、ポケット、面取り、負荷制御、3D加工、タップ などの機能を使用して、実際の切削加工用パスを生成します。

製造モード・セットアップ

こちらを参考に、加工設定のセットアップで加工モルを指定します

ドリル加工

まずは、ドリル加工の設定です。
ポケット内の、M6の下穴(4個)とガイドポストのΦ30の下穴(4個)のドリル加工を行います。

設定は、「ドリル」タブの「ドリル」で行います。
「穴認識」は通常はオプションの機能です。
5月まで無料で使用できるそうです。
・工具
 「工具」は、こちらを参考に設定してください。
 ・ここでは、M5下穴用としては、Φ5の先端角度140°のドリル
 ・Φ30の下穴用は、Φ24のチップ式フラットドリルにしました。
・図形
 「図形}では、穴位置を設定します。
 3Dモデルがあれば、「選択された面」で加工面を触るか
 「穴モード」⇒「直径範囲」の設定ではモデルを触らずに
 自動的にモデルから設定してくれます
・高さ
 「高さ」では、ドリル加工の深さ関係を設定します。
 「ボトム高さ」で「穴ボトム」を選択すればモデルから
 自動的に深さを設定してくれます。
 さらに、「ドリル先端貫通」にチェックをいれると
 工具の先端角度から、自動的に先端を考慮してくれます
・サイクル
 かなり多くのサイクルが用意されています。
 カスタムサイクルなども使用できそうですが、
 今は制御機が対応している「固定サイクル」だけで対応しています。
 NCデータのサイクルコードは、ポストプロセッサとの関係になります

★M6下穴(4か所)とΦ30下穴(4か所)の設定が完了しました。

ヘリカル穴加工

Φ30穴(4か所)の中仕上げ加工(取代+0.2)を行います。
金型的には、この穴は重要な穴なので、最終仕上げ前の加工です。
穴の輪郭加工では、私はヘリカル加工をよく使用します。
もう少し、取り代が少ない場合など、多刃で長い刃長の工具で、横方向からの輪郭加工する方法もあります。

「2D」⇒「ボア」機能を使います。

工具径補正にも対応していますが、径補正を利用するには、制御機に「ヘリカル補間オプション」が必要です。
対応していない制御機の場合、直線補間での対応になり工具径補正は使用できません。
別のCAMでは、ヘリカル加工は、出力できなかったり、工具径補正に対応していないCAMもありますから、この機能は重宝しています。
使ったことないですが、円柱(凸)にも使えそうですね。
では、設定していきます。

・工具
 ・Φ20-R0.8 のチップ式工具にしました。
・図形
 「ボア」は「加工面」を触って指定するので、3Dモデルが必要です。
 「同じ直径を選択」をチェックすると、自動的に同径が選択されます。
・高さ
 「高さ」は加工深さなどの設定ですが、モデルに面取りなど
 施した場合、触った面が加工深さと違う場合があるので
 注意が必要です。
・パス
 ヘリカルにピッチを指定します。
 一つ上の「ランプ角度を使用」にすると、傾斜の角度でも設定できます。
 「補正タイプ」を「制御機」にすれば、工具径補正に対応したパスになり、
 制御機で調整できます。
 「複数パス」では、横からの切込みを複数回に切込みにできます。
 「仕上げ代」で片側の取り代を設定します
・リンク
 アプローチやリトラクト、進入・退出Rなどの設定を行います。
 「中心へ進入」にチェックすると、穴中心からアプローチできます

★Φ30下穴(4か所)のヘリカル加工での荒加工が完了しました。

工程名の編集

「セットアップ」ツリー内の、工程名は変更する事ができます。

工程の表題を選択後ゆっくり「クリック」すると、編集できるようになります。
ただし、ちょっと癖があり、うまく編集モードならない事があります
Windows的に、「F2」キーなどの対応を希望しています。

完成

切削加工においては、穴の加工は必須です。
ただ、結構ノウハウが必要なのも穴加工。
今回紹介した、ヘリカル加工もその一つです。


Fusion360 CAM の実践 記事




CAD/CAMカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。