CAD/CAM

2/2ページ

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・裏側からの加工(座標系と履歴操作)

Fuison360 CAM は、モデル座標系以外の他方向からの加工にも対応しています。ブロック材であれば、横穴や裏からの加工も可能です。まずは、一般的な方法を説明しますが、ちょっと使いづらい点もあったので、モデルをコピーし履歴操作の方法も説明します。 サンプルモデルと加工用図面 裏側からの加工 表側からの加工は終了しました。同じモデルを使用して、「裏側」からの加工を行ってみましょう。このサンプルで […]

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・3D加工編

サンプルモデルと加工用図面 3D加工 右側ポケット内にある、かまぼこ形状を3D機能で仕上加工してみます。非常に単純な形状ですが、凹フィレットから凸フィレットへつながっている断面形状です。このように緩斜面と急斜面の複合された形状はきれいに削るには意外と面倒です。 等高線加工 3D加工で一番使われる機能は、「等高線加工」ではないでしょうか?等高ですから読んで字の如く、Z方向の切込み深さは一定になります […]

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・底面(平坦部)、側面仕上編

サンプルモデルと加工用図面 平坦部の加工 ポケットの底面(平坦部)の加工パスを作成してみます。ここでのの平坦部とは、緩斜面ではなく、完全なXY平面と平行な水平面とします。余談ですが、面精度が必要な水平面には、いつも苦労させられます。スクエアやラジアスなどフラットがある工具では、カッターマークがつきやすく、爪が引っかかる程度でも3μ以上の深さになっている場合があります。もしRa0.2程度の面精度で、 […]

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・面取り編

Fusion360 CAM/面取り 面取りは、地味な印象がありますが、重要な工程です。加工後部品でのケガ防止の意味もありますが、組み合わさる部品の場合機構的にも重要で精度が必要な場合もあります。加工方法はボールエンドミルでの3D加工であれば通常の3D加工と同じですが、やはり面取り工具での2D加工のほうが、レスポンスはいいです。面取り用工具を使う場合、基本的には2D輪郭加工ですが、加工深さ、輪郭から […]

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・負荷制御編

前回は、穴加工について紹介しました。今回は、負荷制御のパスを生成してみたいと思います。 Fusion360 CAM/負荷制御(Adaptive Clearing) サンプルモデル 前回と同じモデルですが、こちらからでもダウンロードできます。 加工用図面 こちらも、前回と同じ図面ですが、ここにも掲載しておきます。前回は、ポケット内部のM6用の下穴と、Φ30ガイドポストの荒加工まで作成しました。 負荷 […]

Fusion360 CAMの実践/切削加工用パス作成・穴加工編

前回まで、Fusion360でマシニングセンター用のパスを出す準備までを紹介しました。今回からは、一通りのパス作成方法を何回かにわけて説明したいと思います。 Fusion360 CAM/穴加工 サンプルモデル(stepフォーマット)、ダウンロード 前回同様に、このモデルで説明しますダウンロードしたZIPファイルを解凍し、「STEP」フォーマットのモデルを取り出します。Fusion360 の「開く」 […]

DXFから、穴情報を取出す

外出自粛のなか、DXFデータの円要素を読み込み、穴情報を取り出すソフトを作成してみました。CADなどで描いた「円要素」を穴と捉え、位置や直径などを取り出します。取り出した情報ファイルはテキストやエクセルの他に、簡易的なNCデータも自動作成する仕様としました。 DXFファイル 「DXF」は「Autodesk社」が開発した、CAD間でやり取りできる、データ構造の一種ですが、事実上の標準フォーマットにな […]

Fusion360 CAMでマシニング/加工設定

実際にCAMの経験のある人は、設定は似たようなものなので、だいたいの操作はわかると思いますが、他のCAMに比べるとFusion360は一部品を加工する事に対しての原点をあまり重要視していないように感じてます。開発当初はアセンブリで組み立てるような、製品設計や3Dプリンタをターゲットに開発されたのでしょうか?切削加工の場合には、原点は非常に重要ですから、ちょっと違和感を感じます。Fusion360 […]

Fusion360 CAMでマシニング/工具共有

作成した工具情報の再利用 一度登録した工具や類似の工具は、再利用したいですね。Fusion360の工具登録の仕組みを紹介します。またちょっとマニアックですが、LAN上の工具ライブラリを、メンバー同士で共有する方法も紹介します。 ★重要下記に、シンボリックリンクでメンバー共有する方法を紹介していますが2020/04/14 の更新で、使用できなくなってしまいました。シンボリックリンクは、これに限らず便 […]

Fusion360 CAM でマシニング/工具登録

前回は、とりあえず、Fusion360でパス出ししてみました。今回から、具体的なCAM操作方法を紹介していきたいと思います。Fusion360 のインストールからモデルを作成する情報はネット上に豊富にありますのでそちらで学習してください。このサイトでは、CAM・特に切削加工に関する内容を主として書いて行こうと思います。ただし、私自身は独学なので、無駄や好ましくない操作があるかもしれませんので、ご了 […]

Fusion360でマシニングセンターを動かす/CAM機能の検証

「Fusion360」 を使いはじめたきっかけは、ボケ防止に個人で購入した3Dプリンターで遊ぶためですが、「CAM機能」も備わっていました。個人使用なら無料ですが、商用でも年間6万円ちょっとで使用できます。この価格で本当に会社のマシニングセンターが動くのだろうか?と思い取り組んでみたのが、約2年前。予想に反して(笑)、出力したパスで、加工できてしまいました。さらに「負荷制御」と呼ばれている、会社で […]

  • 2020.03.08

NCプログラム/G91は意外と便利

下記で説明しましたが、ファナック言語で位置を司令するには「G90:絶対座標系」と「G91:相対座標系」の2種類の方法があります。 NCプログラム/Gコード 工具経路指令 通常は、図面を見ながらプログラムする場合など、「G90:絶対座標系」のほうが分かりやすいので、こちらを使用する場合が多いと思いますが、同じ形状が並んでいる場合や、穴やポケット加工など一つの輪郭加工を汎用的に配置したい場合には、「G […]

NCプログラム/プログラム構成

NCプログラムの構成は、大きく分けると2種類にわける事ができます。一つは加工に必要な準備機能で、もう一つは、実際の加工経路の動作指令です。さらに、マシニングセンターを対象にすると、準備機能は4つに分ける事ができます。CAMのポストプロセッサを編集する場合やプログラム全体の構成を検討する際、この基本構成から検討していけば、複数の機械を使用する場合に互換性を持たせやすくなります。 準備機能指令と加工経 […]

NCプログラム/工具長補正

前回は「工具径補正」について説明しました。これは、定義されている輪郭(工具経路)を制御機に再定義(オフセット)させる指令です。この機能により、使用工具径や加工状況に合わせて「輪郭」を再定義し直す処理が省略できます。ただし、あくまでも定義輪郭に対して「オフセット」させる機能なので、横縦の比率など「輪郭形状自体 」 を変形させる事はできません。今回は、工具軸方向(ここではZ軸) 縦型マシニングセンター […]

NCプログラム/Gコード 工具経路指令

前回は、NCプログラムの概要を説明しました。今回は工具経路の図形を定義する指令に使用されるGコードについて説明します。ここまで理解できれば、二次元の図形をGコードで定義できるようになります。 絶対座標系と相対座標系 経路指令なので、「どこへ行け!」が基本になりますが「どこへ」の指令に2種類の指令方法があります。 「絶対座標系:G90」と「相対座標系:G91」です。ちょっと面倒くさそうな言葉ですが、 […]

NCプログラム/プログラム構造

最近の投稿は、覚書きとしても残しておきたかったので、素人ながらLinux系の投稿が連続していましたが、今回は気分を変えて、今まで携わってきたNC関連の記事を書こうと思います。 NCプログラムとは? NC工作機械のコントローラへの指令の集まりです。プログラムとありますが、ファナック系は基本的には命令コードの羅列ですね。 通常のプログラミング言語とはちょっと違います。オプションでカスタムマクロという言 […]

高効率加工/HSM・負荷制御

HSM( High speed machining )とは? HSMはAdaptive Clearingとか負荷制御とも呼ばれています。 一般的には、工具負荷が一定になるようなパスだと言われていますね。 じゃあ、工具負荷が一定とは、どんなパスなのか? 簡単なポケット形状を掘り込むパスを出してみます 左が「通常ポケット」。右が「HSM」です ぜんぜん、違いますね~ HSMは加工時間の短縮ができるとの […]